'; ?> アクネ菌の存在

アクネ菌の存在

アクネ菌の存在

にきびには、いくつかの種類があります。
また、その症状も軽度から重度までさまざまです。

 

中でも赤く炎症を起こし「赤にきび」は、見た目によくわかるし、違和感や痛みを伴います。
このプッくりとした炎症にかかわっていると考えられるのがアクネ菌です。
あなたは、どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

 

アクネ菌は、毛の根っこを覆う「毛包(もうほう)」内に常在細菌の一種です。
つまり、いつも常いる細菌のことを常在細菌と呼んでいます。

 

アクネ菌は嫌気性といわれていて、酸素があると生育できない性質があります。
この為、


毛穴が角栓によってふさがれて酸素が減少すると、ここぞとばかりに成長を始めます。

 

毛穴の中で皮脂を栄養として繁殖し、その数を急激に増やしていきます。

 

増えたアクネ菌が細菌性リパーゼという酵素を生み出し、それらの酵素が働くと皮脂を遊離脂肪酸という悪い脂へと変化させます。これらの酵素や悪い脂によって毛包が刺激され、痛めつけられて、赤く炎症を起こしたり、化膿したりして、最終的にはその毛穴の周辺組織が破壊されてしまいます。

 

アクネ菌の繁殖を抑えるには、

  • 角栓を作らない
  • 毛穴を塞がない

ことですが、さすがに赤く炎症をおこした段階までくると、自己流のケアで治すのは難しくなってしまいます。そうなると、よくあるのが自分で無理ににきびをつぶして解決しようします。

 

しかし、皮膚が陥没してしまったり、黒っぽく色素沈着してしまうことになりかねません。
できてしまった皮膚のでこぼこや色素沈着などのにきび痕を修復するのは大変難しくなっていきます。

 

早めに皮膚科のお医者さんで診断と治療を受けてください。