'; ?> 背中にできるにきび

背中にできるにきび

背中にきびとは?

背中の首から下の部分にできるにきびを「背中にきび」といいます。

 

言葉のとおり、背中ににきびが出来るからです。

 

背中は、胸と同じように非常に汗をかきやすい場所ですから、
年代によっては皮脂が過剰に分泌されて、やがて毛穴が詰まりにきびが出来やすい箇所です。

 

背中にきびは、男性に比べて女性に多く見られます。
通常、私達は服を着て生活するために、背中は常に覆われています。

 

夏の暑いときなどは、背中にじっとり汗をかいていることを実感した経験は、誰にもあります。
女性は髪の毛が長いことで、シャンプーが背中につきやすいことが主な原因といわれています。

 

背中は元々皮脂腺が多い場所ですから、その意味ではにきびが出来やすい場所です。

胸にきびが出来た時の対処方法

にきびが出来やすい環境にも関わらず、背中をケアするのは怠りがちです。
背中にきびの予防や対策は、髪を洗った際に十分すすぐことで、ある程度予防できます。

 

髪が長い人は髪を上にまとめて、背中に髪が触れないようにするのもいいでしょう。
ドライヤーでしっかりと乾かして下さい。
水分とともに、シャンプーなどの成分が背中に伝うので注意が必要です。

 

背中のにきびが気になる時は、毛の固いブラシでごしごしと背中を洗うことを避けて、
木綿のような肌に優しい天然素材のタオルなどで優しく洗い流すようにしましょう。

 

入浴後も、通気性が良い天然素材のシャツやパジャマを着て寝ると、背中の蒸れを防ぎます。
清潔にしないと背中にきびが悪化しますので、直接肌に身につけるシャツなどはこまめに洗濯しましょう。

 

また、スポーツで多量の汗をかいた時は、背中の汗をしっかりと拭き取ることが大切です。

 

基本的なにきび治療予防対策は、同じです。

 

焦らずにじっくりと構えて、治しましょう。