'; ?> 大人にきびの原因

大人にきびの原因

大人にきびの原因

青春のシンボルと呼ばれるにきび、思春期のにきびは、皮脂の分泌が活発になることによって起こり、多くは顔にあらわれます。

 

しかし最近は、30代、40代の人がこのような大人にきびに悩まされ、皮膚科を受診するケースが増えてきているそうです。思春期を過ぎ、大人になってからできるにきびは顔だけでなく、デコルテや背中にも出てくることがあります。

 

この大人にきびも毛穴がふさがって中に皮脂がたまってしまうことで起こることに変わりはないのですが、単純に皮脂の分泌量が増えたから、では片付けられない原因があります。

 

大人にきびの発症には、たとえば次のような要因が考えられます。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食事内容の乱れ
  • 生活リズムの乱れ
  • 全身の疲労
  • 肌に合わない化粧品
  • 頻回に施されるメイク
  • 間違ったスキンケア
  • タバコ
  • 手や髪が慢性的に皮膚へ刺激を与えている
  • 紫外線

これらの要因が複雑に絡み合ってにきびができ、アクネ菌が繁殖することで炎症を起こしてしまいます。

 

大人にきびをつくらないようにしたり、できても進行させないために、洗顔、保湿などの毛穴をつまらせないようなケアや、薬によって炎症を抑える治療を行なうことが必要です。さらに、ホルモンのバランスを崩さないように整える必要があります。

 

その為には、上記に挙げた毎日の生活習慣を見直したり、体調を整えることが大切になります。毛穴で起きている炎症を抑えるだけでなく、原因を探ってにきびの発症の要因を見直さなければ根本的なにきびの治療はできません。