'; ?> 角栓を押し出す方法

角栓を押し出す方法

角栓を押し出す方法

あなたは、鼻のあたまにできたポツポツを指で押したら、ニューッと脂の塊が出てきた経験はありませんか?こんな時、案外、脂の塊が長く抜けたりすると結構気持ちが良く、くせになってしまう感覚ですよね。

 

この時に出てきた脂の塊こそが、角栓と呼ばれるものです。

 

角栓は、皮脂腺から出てきた脂と、古くなった角質細胞が毛穴の中で合わさったものです。
角栓があるだけでは炎症は起きませんが、にきびの原因になることがあります。

 

この角栓は、自分で押し出して皮膚にダメージを与えたりすると、ばい菌が毛穴に入る可能性もあるた為、一般的に良くないといわれています。しかし、皮膚に雑菌が入らないように衛生面に注意して行なえば大丈夫、という意見も皮膚科医のなかではあるようです。

角栓は安全な取り方

実は、角栓は安全な取り方があります。

まず、角栓を柔らかくしておく必要があります。

角栓が固いままでは、押し出すときに余計な力がかかり、肌を傷つけてしまいますので、日頃から化粧水や美容液をつけたり、お風呂で優しくマッサージするなどして、角栓を柔軟化させておきましょう。

両指で角栓を押し出す

十分に角栓がやわらかくなったら、コットンを狙った角栓の両サイドに置くか、指にガーゼを巻きつけるかします。そして、両指で角栓を押し出すようにV字に圧力をかけます。慣れてくると、皮膚が赤くならない程度の力加減がわかってくるでしょう。

 

2〜3日に1度のペースで行なうと、徐々に毛穴も目立たなくなり、にきびの予防にもなるでしょう。
但し、赤く腫れたにきびがあるときには控えてください。赤いにきびを刺激すると、活性酸素が放出されさらに悪化してしまいます。

 

※ 炎症を伴ったにきびがある時は、セルフケアだけで対処しようとせず、皮膚科医の診断を受けてください。