'; ?> 顔にできるにきび

顔にできるにきび

顔のにきびとは?

顔のにきびは、出来る部位によっても原因が違ってきます。

 

しかし、にきびは、殆どが不規則な生活がもとで出来てしまうことが多いとも言われます。
普段の生活習慣を改めることによって、にきびが治る場合も少なくないありません。
顔ににきびが出来た場合には、まず普段の生活を振り返り、規則ただしい生活習慣に切り替える努力をしましょう。

 

また、洗顔の際、洗顔料がしっかりと洗い流されずにいると、にきびが出来やすくなります。
ゴシゴシと力を入れてすすがずに、優しく丁寧に泡で洗顔することが大切です。

 

顔にきびは、

  • あご
  • 口の周り

などにに出来るにきびで悩まされる人も多いようです。

顔にきびが出来た時の原因

顔にきびは、何の言っても目立ります。
それぞれの部位にあった対策法や予防法を実践して、顔にきびを早めに治療することを心がけましょう。

 

顔にきびの原因は様々です。

額付近に出来るにきび

睡眠不足やストレス、栄養バランスの偏った食生活、ストレスなど自律神経が弱っているときに出来やすいにきびといわれています。また、洗顔料やシャンプーの成分が残っていることによっても出来やすいのが額付近に出来るにきびの特徴です。

 

思春期に額に出来やすいのは、睡眠不足や不規則な食生活などによって、自律神経が弱まり、ホルモンバランスが乱れることなどが原因として挙げられます。早寝早起きを心がけたいものです。

口の周りに出来るにきび

暴飲暴食などで胃腸が弱っていると、口周りににきびができやすくなります。
その際は、食生活を見直し、胃腸の調子を正常な状態に戻すことが先決です。

 

近年、深夜営業のお店も増えていますが、夜遅い時間まで遊びに行って、夜中に夜食をとるケースも増えているそうなので、こうした行動は顔にきびが出来やすくなりますので、是非、避けたいものです。

あごに出来るにきび

顎ににきびができるのは、洗顔時にすすぎが方が不十分だったり、ストレスが溜まっている、ホルモンバランスが乱れが挙げられます。
女性の場合、生理中や妊娠中などホルモンバランスが崩れた時に、顎にきびが出来やすくなります。
男性の場合、髭剃りの際に使うシェービングローションが毛穴に残っているなどしても出来やすくなるので注意が必要です。

 

専門のクリニックにいけば、無料カウンセリングもあります。
顔にきびが酷く気になる場合は、1人で悩まずにまずは病院でカウンセリングを受け下さい。

 

焦らずにじっくりと構えて、治しましょう。