'; ?> 頭皮にできるにきび

頭皮にできるにきび

頭皮にきびとは?

頭皮ににきびが出来ることもあります。

 

頭皮にきびは、頭のてっぺんである頭頂部や前頭部に多く発生しますが、この部分は頭皮の中でも特に皮脂の分泌が盛んなことから、にきびが出来やすくなっています。頭を洗う際に痛みや違和感を感じて気づくことが多いようです。

 

洗髪の時に、知らずに頭皮をかくと悪化しますので、爪を立てたりしないよう注意しましょう。

 

また、頭皮にきびは、薄毛で悩む方にとっては深刻な問題です。
育毛剤を使用している人が、頭ににきびがあると使用できないといいます。
この場合は、専門医などに相談にいくことをおすすめします。

 

ところで、大手企業の花王の調べによると、男性、女性共に7割以上の方が、夏冬季節を問わずに頭皮にトラブルを抱えているようです。

 

頭皮にきびは、夏と冬を比較すると意外にも冬に多く発生するようです。一般には、夏のほうが暑いので汗もかきやすく、紫外線も強く感じるので、イメージとしては夏に出来やすいと思われがちですが、以外にも紫外線は冬も多く浴びていることから、紫外線対策も季節を問わずに必要です。

頭皮にきびが出来た時の対処方法

頭皮にきびの原因のひとつに、正しく洗髪していないこともあります。

 

皮脂の分泌を気にするあまり1日に何度も洗髪をする人がいます。
しかし、頭皮を紫外線などから守るバリア機能までなくなってしまいますので、何度も洗うのはおすすめできません。

 

また、洗髪の際に強くごしごし洗うことも頭皮にきびの原因となります。
シャンプーやコンディショナーを十分に洗い流さないで頭皮に成分が残っていると、毛穴が詰まってしまいます。まずは、正しい洗髪方法を身につける必要があるでしょう。

 

シャンプーの時に頭皮に痛みを感じたり、異物感がある場合は、頭皮ににきびが出来ていないか鏡をつかって調べたり、周りの人にみてもらうといいでしょう。

 

基本的なにきび治療予防対策は、同じです。

 

焦らずにじっくりと構えて、治しましょう。