'; ?> 毛穴あれこれ

毛穴あれこれ

毛穴について

にきびとは、毛穴が詰まってそこに脂がたまってしまった状態です。

 

その症状により、白にきびや黒にきび、赤にきびなどと呼ばれ、対処法もさまざまです。

 

にきびの住み家となる毛穴について、
少しでも知識を持っていればにきびへの対処法や向き合う姿勢も変わってくるかもしれません。

 

ここでは、毛穴について少し説明いたします。

 

まず、顔面にある毛穴には3種類あります。

  • うぶ毛が生える軟毛性毛包
  • ヒゲや髪の毛が生える終毛性毛包
  • うぶ毛は生えるが大きな皮脂腺を持つ脂腺性毛包

 

軟毛性毛包と終毛性毛包: 顔と頭部にあり、脂腺性毛包は顔のほかにも前胸部や背中の中央部にあります。脂腺性毛包にある皮脂腺: 皮脂を大量に分泌する大きなものなので、前胸部や背中にもにきびができやすいのです。デコルテにきび背中にきびと呼ばれるものです。

毛穴の役割

毛穴の役割としては、毛を生やすことの他に皮脂を分泌することがあります。毛穴の奥にある皮脂腺はぶどうの房のような形で毛根にぶら下がっており、ここで皮脂が作られ毛穴を通して皮膚全体に分泌されます。

皮脂の役割

皮脂は皮膚の表面をなめらかにして、乾燥から皮膚を守る役割があります。にきびに関して言えば、どうしても悪者にされがちな皮脂の存在ですが、皮膚の保護のためになくてはならない存在でもあるのです。

毛穴の詰まりがにきびを作る原因ですが、毛穴が詰まらないようにする自浄作用はないのでしょうか。

 

実は、あります。皮膚が正常に代謝をしている場合では、皮膚の一番上の角質細胞がはがれて毛穴の中にたまったものは、皮脂と一緒に毛穴の外へと排出されます。また、毛が伸びるときに毛に付着して排出される部分もあります。

 

しかし、毛穴に自浄作用があるとはいえ、皮膚の代謝は滞りがちなので、定期的にお手入れをしてあげる必要があります。

毛穴の雑学

にきびの原因のひとつは、肌の代謝や皮脂分泌のバランスが崩れることにあります。

 

そして、本来なら皮膚を潤して保護するべき皮脂が、

  • 過剰分泌となる
  • 毛穴が詰まる

などして、にきびができてしまいます。

 

皮脂腺は毛穴の中に存在する為、
中には「毛穴さえなければにきびにならなくて済むのに」と思う人もいるかもしれません。

 

また、年齢とともに毛穴が目立ち始めます。
美容の面からも毛穴の存在を不必要に感じる人もいるでしょう。

 

そこで、毛穴についての雑学をいくつかお話しましょう。

 

毛穴の数は、赤ちゃんのときにはすでに決まっています。赤ちゃんがまだお母さんのお腹の中にいるとき、妊娠6ヶ月頃にはすべての毛包が完成すると言われており、その後、年齢を重ねても毛穴の数は増えることはありません。毛穴の数は、顔だけでも約20万個あると言われていますが、これには大きな個人差もあります。

 

ただ、アブラ肌の人には毛穴が多いのかと言うと、それは関係ないようです。性別による数の違いもないのですが、毛穴の大きさに関しては皮脂の分泌量が関係しているため、男性ホルモンの分泌の多い男性ほど毛穴が大きくなる傾向があると言われます。

毛穴の大きさは、季節によっても多少変化

気温の高い時期のほうが、低い時期に比べ、毛穴まわりのくぼみが広がっているという報告もあります。鼻では夏の皮脂量が冬に比べ2.5倍上がると言われており、毛穴の大きさには皮脂の過剰分泌が関係しているようです。

ほくろがある部分の毛が長いのはなぜか

またにきびとは関係ありませんが、ほくろがある部分の毛(いわゆるホクロ毛)が長いのはなぜかというと、ほくろ部分の皮膚は細胞を増殖させる物質が出ているため、そこに生えている毛の成長も促進してしまう、という説があります。