'; ?> にきびにとってのタブー

にきびにとってのタブー

にきびにとってのタブー

たばこが健康に被害を与えることは、ほとんどの人が承知していることです。
また、喫煙者本人にとっても、周囲でその煙を吸ってしまう受動喫煙者にとっても悪いことばかりです。

 

タバコの悪影響は、にきびについても同じです。

 

たばこが肌に悪影響を与えることは、直接結びつかないかもしれませんが、
肌には大きなダメージを与えています。

 

つまり、

たばこを吸っていると、ニコチンの作用によって大量のビタミンCが消費されます。

 

ビタミンCには抗炎症作用がある為、
タバコを吸う影響でビタミンCが不足するとからだの各部で起きている炎症が抑えられなくなります。

 

にきびも毛穴で起きる炎症ですから、
ビタミンCが不足すれば炎症を抑える手助けができないことになります。

 

また、ビタミンCは、
古くなって使いものにならなくなったコラーゲンを新しいものに置き換える役割も担っています。
その為、ビタミンCが不足するとしわやたるみが現れたり、毛穴の引き締め力が落ちてしまうこともあります。

 

さらにタバコは、末梢血管にも影響を与え、収縮させてしまいます。
すると血行が悪くなり、毛穴を硬直させてしまったり、にきびの回復力も落とします
タバコはまさに「百害あって一利なし」です。

 

命にかかわる重大な病気をしてお医者さんに指示されてから初めて禁煙を試みる人もいると思いますが、にきびくらいならいいじゃないと思わずに、予防医学のためにも今ある健康を維持するためにも、たばこは吸わないに越したことはありません。