'; ?> にきびの治療方法

にきびの治療方法

にきびの治療方法

にきびの状態には、赤く腫れている炎症性のものと、皮脂が毛穴につまっているだけの非炎症性のものがあります。案外、非炎症性のにきびの場合には、自分でなんとかケアしようと考えるなど、わざわざ皮膚科を受診しようとする人は少ないかもしれません。

 

しかし、間違ったケアを続けたり、あるいは放っておくことでアクネ菌が繁殖して炎症を起こしてしまうこともあります。早い段階で正しいケアを施して完治させすことをお勧めします。

非炎症性のにきび治療

非炎症性のにきび治療は、皮脂の分泌を抑えて毛穴に詰まった皮脂を出やすくしてやることで症状が改善されていきます。

 

治療には、ホルモン剤外用薬イオウが用いられます。

 

ホルモン剤として用いられるジオール、メサルモンFは総合女性ホルモンで、皮脂の分泌を抑える作用があるとされています。皮脂の分泌には男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが深く関わっているとされていますが、そこで女性ホルモンを内服してアンドロゲンの作用を抑えてしまおうというわけなのです。

 

また、イオウを含むローションをにきびの部分に塗る方法では、毛穴を開き、詰まった皮脂を出やすくします。しかし、イオウにはその作用から皮膚が乾燥してしまうというデメリットや黄色い粉が浮いてくる為、外出時には使いづらいという難点もあります。夜はそのまま使用し、朝は上澄みだけを使用するという工夫も必要になります。

 

クレアラシルは、イオウとレゾルシンを含んでいて、比較的使いやすい薬といえます。
早めの治療に向いています。

炎症性のにきび治療

炎症を起こしたにきびは、にきび痕ができる前にきちんとした病院で診察をうけ、治療することをお勧めします。

 

にきびは、その症状や程度の違いから、悩みの程度もさまざまです。
鏡を見るのもイヤ、という程かなり深く悩んでいる人もいれば、全く気にしない人もいるでしょう。

 

どちらにしても、自己流のケアでにきびが悪化してしまった場合、皮膚が陥没してしまったり黒ずんでしまうなどのにきび痕が残ってしまうこともあり、こうなってしまうともう完全に治すのは難しくなってしまいます。

皮膚科では、にきびの状態を診断し、症状に合わせて治療法を選びます。

炎症が起きていて赤く腫れているにきびや、化膿しているにきびがある場合は、細菌に直接はたらきかける抗生物質がおもに用いられます。

 

にきびの数によって、多いときは内服薬と外用薬を併用し、少ない場合は外用薬だけで対応します。
内服薬の抗生物質は、テトラサイクリン系抗菌薬とマクロライド系抗菌薬がよく用いられ、これらはにきび菌に直接作用するほか、抗炎症作用ももっています。

 

しかし、内服薬で抗生物質を長く飲み続けると、耐性菌といって薬が効かない菌が出てくることも稀にあります。その為、2週間に1度の診察を原則として、様子を見ながら、炎症の赤みが引いてきたことが実感できれば内服薬の量を減らしたり、外用薬だけの使用に切り替えていきます。

 

外用薬の抗生物質には、ナジフロキサシンやクリンダマイシンが用いられ、軟膏、クリーム、ローションといったタイプがあります。適切に抗生物質を使うことで、炎症性のにきびは徐々によくなっていきます。

あせらずにゆったりした気持ちで治療にのぞむことがポイントとなります。